MEDICAL DESIGN

MEDICAL DESIGN

close

News

2020.8.11
2020年8月11日(火)より8月16日(日)まで夏季休暇とし、8月17日(月)より業務を再開いたします。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
2020.4.8
【新型コロナウイルスの影響に関する重要なご連絡】
4月8日から緊急事態宣言収束までの間の方針を下記の通り決定致しました。
1. 緊急事態宣言中の営業時間について:平日の10時〜17時
2. 緊急事態宣言中のご面談・お打ち合わせについて:リモートワークを実施し、電話やZOOM等にて行わせて頂きます。
何卒ご理解とご協力をよろしくお願い致します。皆様方のご健康と一日も早い終息をお祈り申し上げます。
2019.11.4
この度、新しい著書『快適医院をつくるインテリア医学』を出版しました。
詳しくはこちら
2019.8.2
【夏季休暇のお知らせ】2019年8月10日(土)〜16日(金)まで夏季休暇とさせていただきます。
2018.11.25
11月26日(月)、東京大学伊藤国際学術センターにて開催されます、第18回マイナスイオン応用フォーラム「未病・美容・新技術」(主催:日本マイナスイオン応用学会)にて講演いたします。
◆【一般講演】10:30~11:50  2.「健康・美容の施術空間を蘇らせるインテリア医学の実践」
2018.10.13
11月20日~22日、東京ビックサイトにて開催されますJAPANTEX 2018において、主催者・日本インテリアファブリックス協会ブースの監修および、21日(水)講演をさせて頂く運びとなりました。
『メディカルデザイン』〜「インテリア医学®」で快適医療空間を〜
11月21日(水)11:00~12:00・ステージBにて(講演詳細はこちら
JAPANTEXサイト:http://japantex.jp/
2018.6.16
7月17日(火)10:30から、リフォーム産業フェア2018・セミナーC会場にて
「リフォームでクリニックが変わる!
患者が集まる医療施設の改修事例120件から厳選したポイントを大公開!」

と題して講演いたします。詳細はフェア公式サイトまで。
2018.1.11
1月19日~24日まで海外研修 
会社の代表の電話はつながります
2017.12.20
メディカル・スペースデザイン株式会社からメディカル・デザイン株式会社に社名変更し、サイトとブログもリニューアル致しました。
2017.12.20
草場一壽 銀座龍泉堂 オープン!http://kusaba-kazuhisa.com/news/
陶彩画の作家・草場一壽氏のギャラリー「草場一壽銀座・龍泉堂」をデザインさせて頂きました。

病院に笑顔の数を増やすために
インテリア医学®で人の五感に働きかけて心から感じる心地よさを追求します。

インテリア医学®とは?

 「インテリア」というと、一般的には建築や住宅の室内装飾と理解されており、外見上の美しさやセンスの良さなどが大切だと思われがちですが、今やその範囲を超えて、人の身体や心に直接的に影響を与えることが明らかとなってきました。
  アレルギーやシックハウス症候群、そして環境ホルモンを含む素材などの物質的な側面から、色や香りが人の五感に働きかける作用まで、インテリアが人に与える影響はとても大きなものです。
  最適なインテリアが人に安全性や精神的な安らぎ、そして心地良い時間を与え、さらにそれらが自己治癒力を高めるならば、「インテリア」と「医学」はとても密接に関係しているといえるでしょう。
  まさに、インテリアと医学のコラボレーションです。
  このようなマインドを総称した概念が「インテリア医学®」です。
  「インテリア医学®」の考え方をご理解いただくことで、大きなコストをかけなくとも、ちょっとした工夫や気遣いで、医療機関などを訪れる患者さんの満足度を飛躍的に向上させることが可能になります。

マインドフルネス・バイオフィリア・ユニーク Mindfulness, Biophilia, Unique

《マインドフルネス》 《バイオフィリア》 《ユニーク》の3つをコンセプトとし、
・世界基準とされる建築物の環境性能評価システム『LEED 認証』〜自然に優しい施設〜
・医師や科学者等の共同研究による人と健康に焦点を当てた『WELL 認証』〜安全・健康・快適性〜
・認知症患者の生活改善のための英国スターリング大学研究機関『DSDC』〜過ごしやすい環境づくり〜
などのガイドラインもベースとなっています。

メディカル・デザイン株式会社 PV「ウェルビーイングのパイオニア」
病院の新築開業やリフォームなどで困っていませんか?
空間デザイン
院内で働く全ての人の意識を高めたくありませんか?
MDマネージメント
新築、改築時のセカンドオピニオンが必要ではありませんか?
セカンドオピニオン
医療現場の悩みに応えるモノやコトを求めていませんか?
B to B

メディカル・デザイン株式会社代表水口真理子 Mizuguchi Mariko

病院に笑顔の数を増やすために

最先端の研究を活かしたインテリア医学®
五感に響く理想の病院環境をデザインします。

 「どうして、病院専門のデザイナーなのですか?」初めてお目にかかる先生方からは、よくこのような質問を受けます。

 私は、かつて子どもが長期の入院生活を余儀なくされたことで、病院空間のあり方について深く考えるようになりました。
 「入院患者や家族・病院スタッフ、空間を共有する皆が、少しでも快適な時間を過ごすためにはどうすればいいか」を追求して、独自のメソッド「インテリア医学®」を確立しました。

 多くの研究者や企業人の援助を頂いて現在に至りますが、当時お世話になった方々へのご恩返しになっていれば幸いです。

 医療の現場に求められるヒーリング効果を最大限に引き出せるよう色彩・照明・音響・緑化・アロマといった五感へのアプローチで、「心から快適だと思える」最先端のデザインを提案します。
 また、病院空間のデザインのみならず、スタッフの声や患者さんの声を汲み上げてスタッフマネージメントまでも見直します。
スタッフの心の平穏につながるこのマネージメントは病院経営の成功のカギになります。

 当社のインテリア医学®を実践したクライアントからは、きめ細やかな対応とこれまでにない豊かな発想で病院環境が劇的に変わり、患者さんやスタッフの笑顔が増えたと高い評価をいただいております。

 メディカル・デザイン株式会社は、最先端の研究成果を活かしたインテリア医学®で五感に響く理想の病院環境をデザインし、「心から快適さを感じる空間」を病院にご提供します。

主な事例紹介