MEDICAL DESIGN

MEDICAL DESIGN

close

TOPページ事業紹介森口クリニック

事業紹介

森口クリニック

先代からの思いを残し
地元に愛される医院環境に仕上げる

父母の代から開業していた医院を引き継いでのリフォーム。内科ということもあり、地域のかかりつけ医として深く根付いているため、待合室は、医院を象徴していた大理石の壁の一部と院長のお母さまが花を生けていた花台を残しました。そうすることで今まで来ていた人には変わりない親しみを、リフォームで温もり感を取り入れた部分は、新規の人に安らぎを提供。調和の取れた空間に仕上げました。

使い勝手がよく引き続き使いたいという要望のあったドクターのデスクは、木目調のシートでカバーして、既存品を再利用。空間に馴染む工夫です。

注射をする処置室のテーブルは足入れに工夫を凝らしたオーダー品。患者も処置する側も心地よく安全に処置できるような配慮を。

今までなかった採尿用トイレを新設。そのまま提出できるので、患者のプライバシーを守り、受付の混乱や間違いも防ぎます。

ドクターの声

こんなリフォームもあるんだ、と感激した改装でした

父母の思いが詰まった空間を有効利用できて大変満足しています。納得のいくまでじっくり打ち合わせを重ね、何もかも新しくするのではなく、母の思いも汲み取ったリフォームには感激しました。

森口クリニック院長 森口知則氏

http://www.moriguchi-cl.jp/